水溜まりの底

それは確かに枯れたカラスの乾いた記憶だった。―無名の手記―

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サブテラーを組みたいから考える その2  

さーて、前回の続き。

◆上級モンスター
上級モンスターは☆5~☆12の8種類。共通で特殊召喚効果と自身を裏守備にする効果を持っている。
共通部分がテキスト全体の7割くらい持って行ってる感じなのでリバース効果はテキスト短い。それ故にスタッツは大きいけどそれぞれの効果はささやかなもの。いかにそれぞれの効果を上手く使っていくかがキモになってくると思われる。
リストに挙げると以下のカード達。冠詞は共通してサブテラーマリス。
レベル5《-/Subterror Behemoth Stygokraken》
レベル6《-/Subterror Behemoth Dragossuary》
レベル7《サブテラーマリス・リグリアード》
レベル8《-/Subterror Behemoth Phospheroglacier》
レベル9《-/Subterror Behemoth Voltelluric》
レベル10《-/Subterror Behemoth Stalagmo》
レベル11《サブテラーマリス・エルガウスト》
レベル12《サブテラーマリス・バレスアッシュ》

《-/Subterror Behemoth Stygokraken》
リバース・効果モンスター
星5/地属性/海竜族/攻1400/守2600
「Subterror Behemoth Stygokraken」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合、自分フィールドの「サブテラーマリス」モンスターの数だけ、 フィールドにセットされたカードを対象として発動できる。 そのカードを破壊する。
(2):自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示になった時、 自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合に発動できる。 このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
(3):自分メインフェイズに発動できる。 このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。


守備力の高いサブテラーマリス。セットカードが破壊出来る。ただし、破壊するなら自分フィールドのサブテラーマリスと同じ数破壊しなければならない。幸い、任意効果である点、表のサブテラーだけを数えるために大体の場合枚数は1~2枚になる点、守備の高さから場持ちが良い点から印象ほどの使いづらさは無いんじゃないかとみている。まあ、奈落にも掛からないサイズだしデッキに1枚入れて使い勝手を見てみても良いんじゃないかと思う。

《-/Subterror Behemoth Dragossuary》
リバース・効果モンスター
星6/地属性/アンデット族/攻2400/守1600
「Subterror Behemoth Dragossuary」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合に発動できる。 このターン、自分フィールドの「サブテラー」カードは相手の効果では破壊されない。
(2):自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示になった時、 自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合に発動できる。 このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
(3):自分メインフェイズに発動できる。 このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。


正直使い所の分からないモンスター。サブテラーは相手のターンに裏側で待機することが多いだろうモンスター達。コイツをセットしたところで、表側表示のサブテラーしか守れないのであれば入れる意味は薄いのでは無いか……?とも思う。一応、砂漠の光とセットで使えばブラックホールのような全体除去を凌ぐことが出来るが……それだけの為に入れるのか?という話にもなってくる。
では考え方を変えてみよう。最上級のサブテラーマリスは攻撃力が3000に届く。それも何体か存在する。彼らを攻撃表示で立たせて威圧しつつのコイツが控えている状況ならばどうだろうか。相手の除去に対して表示形式操作カードの補助を利用してリバース効果、デカイ奴と自分を守る。1枚だけなら入れても良いかもしれない。枠がなくなったらすぐ抜けるだろうけど。
案外、マリスの妖魔を守りつつサルベージ・サーチをする便利カードとして活躍するかもしれない。

《サブテラーマリス・リグリアード》
リバース・効果モンスター
星7/地属性/爬虫類族/攻2000/守2700
「サブテラーマリス・リグリアード」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合、 相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを除外する。
(2):自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示になった時、 自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合に発動できる。 このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
(3):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。 このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。


恐らく最強のサブテラーマリス。モンスターに対する万能除外除去。カオスハンターはお帰り下さい(某僧侶デュエリストを睨みつつ)。守備力2700のサイクルリバース、効果は表裏問わず問答無用で除外!弱いわけがない!デッキに2~3枚は入る事だろう。語ることは特にないだろう。打点の低さは他に任せれば良いのだ。

《-/Subterror Behemoth Phospheroglacier》
リバース・効果モンスター
星8/地属性/水族/攻2600/守2500
「Subterror Behemoth Phospheroglacier」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合に発動できる。 デッキからカード1枚を墓地へ送る。
(2):自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示になった時、 自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合に発動できる。 このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
(3):自分メインフェイズに発動できる。 このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。


バランスの良いスタッツ、リバース効果は直接的なアドバンテージには繋がらないが好きなカードを魔法罠モンスター問わず墓地に送れる万能サーチ!ぶっちゃけサブテラーというテーマとしての仕事は戦士を落としたら他に何をやろう……みたいな所があるのでテーマとしては重要度はそこそこといったところ。ただし、コイツをいかに上手く使えるによってサブテラーは大きく進化するんじゃないかとみている。バルブを落としてシンクロに繋げる、ダンデやディアボを落として更なる展開の布石にする、超電磁亀を落として守りを固めるも良し、スキルサクセサーやスキルプリズナーのような墓地で仕事をする魔法罠も最近増えているから色んな可能性を秘めていると思う。ぶっちゃけ他のデッキに出張できちゃったりもしそう。
無限の可能性を秘めたモンスターだと言える。

《-/Subterror Behemoth Voltelluric》
リバース・効果モンスター
星9/地属性/雷族/攻1900/守3000
「Subterror Behemoth Voltelluric」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合、相手フィールドの裏側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターのコントロールを次の相手エンドフェイズまで得る。
(2):自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示になった時、 自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合に発動できる。 このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
(3):自分メインフェイズに発動できる。 このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。


裏側モンスター限定のコントロール奪取。月の書、皆既日蝕の書、シラユキと裏守備を用意するのはまあまあ使いやすそうなのがあるっちゃある。後で紹介する最上級にも皆既日蝕内臓のドでかい奴が居るわけだしネ!
ロマンはあるけど安定性に欠くのは否めない。でもこういう効果好き!やっぱゴーストリックフロストですかね!
守備力3000で場持ちが良いのもポイント高くないですかね?
1~2枚差してると嫌らしい動きを見せてくれる可能性を感じる一枚。

《-/Subterror Behemoth Stalagmo》
リバース・効果モンスター
星10/地属性/岩石族/攻2800/守2100
「Subterror Behemoth Stalagmo」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合に発動できる。 手札から「サブテラー」モンスター1体を捨て、自分はデッキから2枚ドローする。
(2):自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示になった時、 自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合に発動できる。 このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
(3):自分メインフェイズに発動できる。 このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。


サブテラーを捨てて2枚ドロー。サブテラーの宝札を内蔵した豪族さん!
攻撃力は2800と高めだが守備は低いので場持ちは良くなさそう。ただし手札がどんどん増えていくのでしっかりと積み込んでいきたいカードだと思う。初手で欲しいし3枚積んでデッキを加速させていきたいカード。

《サブテラーマリス・エルガウスト》
リバース・効果モンスター
星11/地属性/悪魔族/攻3000/守1400
「サブテラーマリス・エルガウスト」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合、 フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターが守備表示の場合は表側攻撃表示にし、 そのモンスターの攻撃力を0にする。
(2):自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示になった時、 自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合に発動できる。 このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
(3):自分メインフェイズに発動できる。 このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。


恐らくサブテラーはコイツの効果で強制的に相手モンスターをたたき起こして攻撃力を下げ、確実にダメージを通していく構成なんだと思う。つまりはフィニッシャー!なによりカッコイイ!!
守備力は1400しか無いけど、追撃を封じれる点もあって防御にも使えるから攻防一体で優秀名能力だと思う。
除外をカバーする意味でも2枚くらい入れてたら活躍しそう。

《サブテラーマリス・バレスアッシュ》
リバース・効果モンスター
星12/地属性/炎族/攻3000/守1800 「サブテラーマリス・バレスアッシュ」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合に発動できる。 このカード以外のフィールドの表側表示モンスターを全て裏側守備表示にする。
(2):自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示になった時、 自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合に発動できる。 このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
(3):自分メインフェイズに発動できる。 このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。


リバース:全員裏守備。コンボの起点になり、他のサブテラーのリバース発動の準備を整え、相手のターンにリバースした場合は他のモンスターの攻撃を全て封じる事が出来るなど派手で地下っぽい良い効果だと思う。
皆既日蝕が何故相手にドローなどという恐ろしいデメリットが付いているのかを実感する事になるんじゃないだろうか(
コイツが裏守備でいる限りいつまで経ってもプレイヤーへの攻撃は通らないので除去を撃たざるを得なくなるのでは?
リンクモンスターは止まらない点だけ注意かな。

《サブテラーマリスの妖魔》
地属性/ 幻竜族/ ATK 2000
LINK-2【リンクマーカー:左下・右下】
リバースモンスター2体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードの攻撃力は、このカードのリンク素材とした「サブテラー」モンスターの元々のレベルの合計x100アップする。
②:自分メインフェイズに発動できる。デッキからリバースモンスター1体を墓地へ送り、手札からモンスター1体をこのカードのリンク先に裏側守備表示で特殊召喚する。
③:1ターンに1度、このカードのリンク先のモンスターがリバースした場合に発動できる。自分のデッキ・墓地からリバースモンスター1体を選んで手札に加える。


来日を切っ掛けに追加されたリンクモンスター。正直強さの実感は湧いていない。
だけどレベル10クラスが素材に1体混じるだけで簡単に攻撃力は3000を超え、リンク先への特殊召喚、リバースを切っ掛けにサルベージかサーチを自由自在と結構狂ってはいる気がする。
手に入れることが出来たらその力を試してみたいカード。


今日はここまで!次は魔法・罠と相性の良さそうなカードについて考えてみようか。
スポンサーサイト

サブテラーを組みたいから考える  

「地下都市伝説!伝承!シャンバラ!」
「ロマンの塊って奴か」


最近夜あんまりよく寝れてない気がするから生活習慣の見直しが必要そう。

それはそうと、次のEXパックに収録されるサブテラーというテーマが俺の心にビンビン来ているから今のうちに構想を練っておこうと思う。ついでに相性の良さそうなカードが見つかったら良いナーっていう理想も込めて。

◆そもそもサブテラーとは?
自身を裏守備にする効果を持つ効果とリバース効果を巧みに操り地味ながらも豪快に戦うデッキ!とのこと。
サブテラーのカード効果自体は他のサイトで沢山紹介されてるのでそっちを見て貰うとして、「じゃあどんなデッキを組んだら良いんだろう?」って問題について考えていきたいと思う。
☆1から☆12まで丁寧に1体づつ居るのでレベルで認識すると分かりやすい印象(

◆モンスターカード
とりあえず下級のモンスターは以下の4種類。
レベル1《Subterror Fiendess》
レベル2《Subterror Nemesis Defender》
レベル3《Subterror Nemesis Archer》
レベル4《サブテラーの戦士》

《-/Subterror Fiendess》
効果モンスター
星1/地属性/魔法使い族/攻 800/守 500 「Subterror Fiendess」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、 自分の手札・フィールドのこのカードを墓地へ送り、 自分フィールドの「サブテラー」モンスター1体を対象として発動できる。 その発動を無効にする。 その後、対象のモンスターを裏側守備表示にする。
(2):自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを裏側守備表示にし、 自分の・墓地から「サブテラー」モンスター1体を選んで表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する。


まず目に付く手札誘発効果はとても強力なパーミッション。発動を無効にするだけで破壊はしないが、表のサブテラーが居れば魔法・罠・モンスターの効果を無効に出来るのは強力。……若干条件のせいで万能感は薄いが、この条件がなかったら他のデッキに出張し放題だから仕方ないだろう。それ以上に、通常召喚から自身を裏守備にしての上級モンスター特殊召喚の起点にもなるために3枚投入は必須になりそう。

《-/Subterror Nemesis Defender》
効果モンスター
星2/地属性/獣戦士族/攻 100/守2000
(1):自分フィールドの裏側表示モンスター1体のみを対象とする魔法・罠・モンスターの効果を相手が発動した時、 または自分フィールドの裏側表示モンスターが相手モンスターの攻撃対象になった時、 手札・フィールドのこのカードを墓地へ送り、そのモンスター以外の自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 その対象を正しい対象となるそのモンスターに移し替える。
(2):自分フィールドに裏側表示モンスターが存在する限り、このカードは戦闘・効果では破壊されない。


手札誘発効果は裏側表示モンスターに対するシフトチェンジ。正直地味でそんなに強力な奴ではないけど、1~2枚差してたらひっそりと良い仕事をしそう。フィールドでの効果も上級が並んでいる場合は強固な壁として最後まで生き残ってくれるので意外と仕事をするかもしれない。でもやっぱり効果は地味なので枠がなくなったら真っ先に抜けるかも知れない。使った感触で考えようと思う。

《-/Subterror Nemesis Archer》
効果モンスター
星3/地属性/天使族/攻1600/守1400
「Subterror Nemesis Archer」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに他の「サブテラー」モンスターが存在する場合、 このカードが相手の裏側守備表示モンスターに攻撃したダメージステップ開始時に発動できる。 そのモンスターを持ち主のデッキに戻す。
(2):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。 デッキから「サブテラー」モンスター1体を表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する。


一番の見所はやはりイラスト。可愛い。肝心の効果は条件付きの攻撃した裏守備モンスターに対する強制デッキバウンス。ライトロードモンクメイリン。コンボ前提で使い所は難しそう。ただし戦闘・効果で破壊された場合、デッキからサブテラーの万能リクルート。マジでカテゴリ内なら何でも持ってこれる。初手でレベル1の悪魔ッ子を引いて来れなかったらこの子が展開の起点になりそう。デッキに2~3枚は投入する事になりそう。
ゴーストリック・フロストとの相性は良好。

《サブテラーの戦士》
効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1800/守1200
「サブテラーの戦士」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):デッキから「サブテラー」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。 元々のレベルの合計が墓地へ送った「サブテラー」モンスターのレベル以上になるように、 このカードと自分フィールドの他のモンスターを1体以上リリースし、 墓地へ送った「サブテラー」モンスターを表側守備表示また裏側守備表示で特殊召喚する。 この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが墓地に存在し、「サブテラーマリス」モンスターがリバースした場合に発動できる。 このカードを墓地から特殊召喚する。


スーレア確定の超つよ戦士。テーマ限定おろかな埋葬搭載かと思いきや、ややこしい条件付き蘇生リクルート。墓地から自己再生能力も持ってるので1~2枚くらいで良いとは思う。上級サブテラーにもおろかな埋葬搭載した奴が居るので墓地に落とすこと自体は難しくないはず。初手から欲しいカードでもないというのも理由の一つ。


とにかく☆1の悪魔ッ子と☆3のアーチャーが一刻も早く欲しい。あとは展開の起点として使えるデスラクーダ、スカラベの大群、イナゴの軍勢、番兵ゴーレムなど、モンスターや魔法・罠除去の必要に応じて既存のサイクルリバース系のカードを投入していくことになるだろう。特に、単純に強いドローソースのデスラクーダや、このテーマは魔法・罠除去に乏しい印象があるので、意外とイナゴの軍勢も良いかもしれない。
後は同じホラーテーマということでシンパシー感じるゴーストリックとは仲良くやって行けそうな予感。
ネタ方向に考えるなら、さまようミイラなんか入れれば裏守備モンスターの配置が不明になってゲームが楽しくなるかもしれない。

あとはやはり強力な☆1の悪魔ッ子を素早く手元に持ってきたい。とは言ってもぱっと出てくるのがクリッターくらいしか思い付かないので何か良いのがあったら教えて欲しい……。



上級モンスターについてはちょっと長くなったのでまた後で。

ぐるぐるぐーーる  

「最近変な夢を見るんだ」「どんな夢だい?」
「どんなだろう」「アニメの観すぎだな」


最近は雑記がやたらと多いが特に書く事が無い訳でも無かった。
そう、無いわけではないんだが書くタイミングを失ってしまっただけの事だ。


-- 続きを読む --

最近を振り返っての自己分析  

「Hey!ボブ!元気にしてるかい!?」
「ああ!俺は元気さ!君はどうだい?」
「ハッ!世の中クソ喰らえだぜ!」
「!?」


なにか、楽しい事があると良いなと切に願い、心の平穏をかき集める日々。

-- 続きを読む --

アルシャード異世界編メモ  

―その世界はマナが枯渇し、既に荒廃が進みきっている―

【あらすじ】
RRRの加護”ガイア”によって異世界への扉は開かれ、志の所持する飛空挺は次元の壁を乗り越えた。
やって来た世界は一面の荒野。遠くで巨大な塔のようなモノがそびえ立っているのが見える。

敵に見つかる前に身を隠すことにしたクエスター達は、手近にあった巨大な崖に飛空挺を停泊させる事にした。
だが、その崖の中にはレジスタンスのものと思われる秘密基地の廃墟が残っており――

廃墟の中には地下へ降りる隠し通路があった。地下にはレジスタンスの更なる地下施設が広がっていた。
レジスタンスに門前払いを喰らったクエスター達。RRRと志は地上に戻り、一旦状況を整理することに。
そんな中、栄衣来はレジスタンスの門番を挑発した結果、地下施設の奥へと連行されていった……。

地上に戻ったRRRと志を待っていたのは襲い来る2体の鉄の巨人だった。このままでは飛空挺が破壊されてしまうため、説得の結果、味方へと引き入れたキーツと共に退ける事に成功する。
一段落したところで、栄衣来の姿がない事に気が付いたクエスター達は再びレジスタンスのアジトを訪れた。

栄衣来はコンテナの中に放り込まれ、何処かを走っていた。通信によると、何か列車のようなモノで運ばれているらしいと分かった一行は栄衣来を追いかけてエアバイクを駆り線路の上を爆走するのだった。

―――までが前回の大まかな流れ。


■現在把握出来ている異世界の状況
・クエスター達の拠点は飛空挺。補給や体力の回復は飛空挺を通して行われる。
・この世界では既にマナが枯渇している
・新たなマナを求めて異世界を侵略し、マナを集め、ゆくゆくはその世界を乗っ取るつもりでいる。
・世界を統治する機関の上層部は既に狂っている。
・”コキュートス”と呼ばれる機関のトップが4人いる。(キーツはその一人)
・”コキュートス”の自由枠である第一界円の席は前任者を倒す、もしくは前任者を倒したモノを倒す事でその座を手にできる。
・第一界円であるパラゲートは死に、候補者も4人は倒れ、残った2人はクエスター達と行動を共にしている。
・第二界円であるキーツもまた、「世界が救われるなら何だって良い」と言ってクエスターに力を貸している。

・残る大きな敵はコキュートス第三界円のバロック、そして第四回円に属する???だけ。
・レジスタンスが存在するらしいが、現在の状況は不明。団員らしき一団とは遭遇したが、相手にされず。

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。