水溜まりの底

それは確かに枯れたカラスの乾いた記憶だった。―無名の手記―

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔導いじり中悪用できねえかなあ( ^∀^)ニヤニヤ  

魔導のカードぉいただいたのでデッキを組んでみた。
さて…?さてさて。組んでみた感想。一人で回してみた感想。

これは…何か悪用できそうだゾ…?( ^∀^)

な空気。

だってさ。手札に魔導の魔法カード3枚あったらさ。
「手札から!魔法カードを3枚見せるぞ!!ジュノン特殊召喚!!」×3とか可能なのですよ。
条件を満たす方法はさ。魔導教士システィの効果を使えば比較的簡単に満たせる。レベル5以上の光or闇魔法使いと魔道書をサーチだからな…。
システィ持ってくるにしても、ラパンデを落とせば持ってこれる。

ななずが組んでいた、4方から襲い来るジュノンの恐怖とはちがった回転方法が見つかるんじゃね?とか思ったノデス。
まあ、多分メジャーなのは魔導召喚士でエンディミオン呼んでくるパターンなんだろーな…とか思ったがな…。
あんまメジャーなのやっても面白くないじゃん。

あ、でもエンディミオンとジュノンと魔道書と王立魔法図書館組み合わせたデッキも興味あるなあ…。
誰でも思いつく構築すぎて面白み無いけどな…コナミも絶対意識してるし…。

最近アイデアデッキが組みたい衝動に駆られる…どうしたものか。
最近のテーマはテーマだけに絞って組んだところで普通に強いからなあ。
テーマで絞って変態構築と呼ばれるデッキはもういっか。


とりあえず現状、魔導シリーズのカードを全種類投入した純魔導デッキを組んでるけど、普通に戦える。
ここからどうひねるかが今後の課題だな。

システィ→ジュノン大量展開の流れをうまく使うか…ラムールを使って☆3魔導を呼び込みorフォルスを使ってランク3から4エクシーズデッキにするという流れもアリだと思う。
ラパンデを墓地に送って魔導モンスタサーチ→シャリオで魔道書墓地に送って回収→ラパンデ墓地送りを繰り返す構築…
フォルスとエアミットを能力で強化しまくった脳筋構築…

などなど色々考えてはいるけどイマイチアイデアとして弱いんだよなあ!
あからさまなシナジーじゃなくて、ちょっとあさっての方向にシナジーさせたいんだ!!俺は!!

せっかくの魔導デッキ、色々いじくり回してひどいデッキにしてやるからな!!(゚∀゚ )ニヤニヤ
スポンサーサイト

  

就寝:5:40~10:30



銭湯に地元の友人メンバーと行った。

その銭湯は中が迷路のようになっていた。

二人ひと組で迷路を抜ける競争をしようという話になった。俺は友人「神」と組む事になった。

温泉の迷路は順調に進んでいった。

お湯をたどって地下に潜っていった。

途中で何故かやたら本屋に出たりした。

進んでいくと外に行き着いた。周囲に本屋を探すと横断歩道の向かい側にあったのでそこへ向かった。

外に出た時になぜか服を既に着ていて、不思議に思って「いつのまに服着たっけ?」と神に聞いてみた。

神は「外に出る前に服を着てたじゃないか」と答えたのでそうだったかもしれないと思った。

本屋に入ると何故かそこはガラの悪いにーちゃんがいて、階段しかなかった。

ガラの悪いにーちゃんに絡まれたが俺は特殊能力(?)的な力で相手をねじ伏せ、地下へと潜っていった。

進んでいくとそこにはガラの悪い人たちが多くいたけど、俺たちは素通り出来た。

ふと気がつくと、何故か高層ビルの上層近くの階段を下っていた。

突然階段に居るガラの悪い連中が悲鳴を上げた。

腕にカブトムシの幼虫のようなものが張り付いている。

俺はその虫を取ってやった。虫は硬かった。そのまま窓から外へ放り投げた。

ふと外を見るとさっきまで何も無かったのに、街中が巨大なカブトムシの幼虫で埋め尽くされていた。

カブトムシの幼虫は糸を吐いてまゆを作り、動かなくなった。

どうやって脱出するか焦って考えている間に、10分くらいたった気がする。

マユのなかから巨大なコオロギが出てきた。

このままではビルも破壊され、俺らは虫たちの餌食になる!

焦った俺はビルから降りて逃げることにした。

外を見ると、数十人の人が絶望して建物の屋上から身投げしていた。

コオロギはすぐにこちらにもやってくる…俺自身諦めかけたところで一緒に逃げていたガラの悪い男が悲鳴を上げた。

見てみると腕にコオロギが張り付いている。

俺は超能力でそのコオロギをぶっ飛ばしたあと、みんなで逃げた。

俺にあるのは絶望だけだった。

外に出て逃げたところで巨大コオロギに囲まれて死ぬな…コレ…

そう考えた瞬間に、夢から覚めた。

マリガン帝  

今日紹介するデッキはマリガン帝!!


マリガンとはどんなモノかご存知だろうか。
マリガンとは、マジックザギャザリングのルールの一つ、手札事故を起こした時に手札を一枚減らした状態で「引き直し」が出来るルールの事をいうらしい。


さあ!なんか遊戯王にも似たような効果のカードがあるよねえ!?あるよねえ!?

リロードとッ!!打ち出の小槌!!

これでマリガンを繰り返せば生贄素材があらわれ!帝を難なく召喚できるという優れものデッキなのだ!!!!

原案、構築は某ネタガチデッカーななず!彼が組上げたのはいいものの、どうやら上手く回らないとのことで。
俺が回すといい感じに回っていたのでそのままデッキごと頂いたという使い手を選ぶこのデッキ!
さてさて、読者の諸君は使いこなせるかな?


【マリガン帝】

モンスター22
《ワタポン》*3
《薔薇の妖精》*3
《バトルフェーダー》*3
《クリッター》
《サンダードラゴン》*3
《邪帝ガイウス》*3
《風帝ライザー》*3
《氷帝メビウス》*2
《砂塵の悪霊》

魔法11
《リロード》*3
《打ち出の小槌》*2
《カードトレーダー》*2
《サイクロン》
《二重召喚》
《手札抹殺》
《貪欲な壺》

罠7
《カードブロック》*3
《ゴブリンのやりくり上手》*3
《活路への希望》


ななず「どう考えてもただの紙束です。本当にありがとうございました」
ロクク「いや、このデッキ普通に勝率の方が高いぞ?」
ななず「ねーーーよ!!」
ロクク「じゃあなんでこんなデッキ組んだしwwwwwwwwww」
ななず「いや……リロードと打ち出の小槌が余ってたから…」
ロクク「」

普通に戦えます。このデッキ。(すくなくとも俺にとっては!)
構築した本人曰く、俺の組んだ数あるデッキの中でも特にワケの分からないデッキらしい。

………自分で言うなよ(´・ω・`)


回し方は単純、手札がある限り引き直し、薔薇の妖精やワタポンを使って生贄素材を調達、帝を召喚してアドバンテージを取りつつ勝利を掴むデッキです。
変態構築のファンデッキを愛する俺としては少々趣向がずれるのだけどね。

構築自体、テーマがしっかりしているからわかり易い。
ネタとしてはありだと思う。少なくとも弱くはない!

まあ、回せるもんなら組んで回してみてください。
俺だってデッキをポンと渡されて、そのまま回したら勝っちゃったタイプのデッキなので。


相性が良ければいい周りをしてくれると思うんだぜ!

ちなみに現在、融合と双頭のサンダードラゴン入れようか検討中。
一応、ドローソースとして、カードカー・Dも選択肢に入ると思うんだ(フェーダー的な意味で


ちなみにこのデッキを考えたネタガチデッカーななずのブログはこちら。
”ガチに勝てるネタデッキ”をテーマにデッキを組んでるので勝ちたい人には参考になると思われる。

◆ななずの遊戯王ブログhttp://nanazu70.blog.fc2.com/

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。