水溜まりの底

それは確かに枯れたカラスの乾いた記憶だった。―無名の手記―

【微ハイランダー】墓地誘発型シンクロダーク【メモ】  

【ピックアップ解説】
それぞれのカードが持つデッキ内での役割を見つめ直すためのまとめ。

■上級(6)
《冥府の使者ゴーズ》
今回の試験投入枠。永続カードの少ないデッキなのでワイルドカードになりうるかと。
出てきてもすぐに処理されてしまう上にイマイチ使い勝手が掴めず入らずにいた。
出てくれば強い(だろうとは思う)。
レベル1チューナーが多めの構成なのでレベル8シンクロにも繋げやすい。

《ダーク・アームド・ドラゴン》
試験投入枠その2。唐突に現れる高打点が魅力。
ボチヤミサンタイ。ポッと出して大暴れさせたら仕事完了。
問題点は墓地から除外しても問題の無い闇属性が地味に少ない点がネックで抜けていた。
仕事の終わったカードまたは除外してでも排除したいカードがある場合を狙うなどの工夫が必要だろう。
ゴーズともどもレベル1チューナーとのレベル8シンクロに繋げやすいことも一応の利点。

《D-HERO ディアボリックガイ》*2
汎用性の高いレベル6闇属性要員。
墓地に居ればステゴサイバーとエクシーズしてのビヨンド、ジェネクスチューナーとのクロキシアン、その他レベル7・8シンクロにも繋げられる優秀な素材。
手札・墓地いずれかに両方来てしまった場合にデッキの速度がガクッと落ちる所が難点。
ブラック・ガーデンの蘇生対象にもなれる点も重要なポイント。

《盾航戦車ステゴサイバー》
墓地に居れば相手の攻撃を牽制しつつ大ダメージを抑制出来る緊急回避モンスター。
ホープ・ザ・ライトニングは天敵。また、上級モンスターを大量展開するデッキや除去の豊富なデッキが相手の場合はイマイチ仕事が出来ないことも多い。
ただし、場に残した状態で自分のターンに回せればリターンは大きい。
豊富なチューナーとのシンクロ召喚、ディアボリックガイとのランク6エクシーズ、優秀な闇属性レベル6なのでクロキシアンにも化ける。

《プリミティブ・バタフライ》
定期購読とのことで、ADS投入した段階ではその価値を知らなかったプレミアカード。
バイス・ドラゴン的な仕事がメイン。レベル5・6どちらにもなれる優秀なモンスター。
レベル6~8シンクロ素材、ディアボリックガイとのランク6エクシーズ素材としても利用できる点が魅力。

■下級(8)
《BF-精鋭のゼピュロス》
優秀な闇属性レベル4モンスター。
ブラックガーデンを戻してのほぼノーコスト特殊召喚や終末の騎士、マスマティシャン、メンコート、シグナル・レッドの回収、サウザンドブレードとのインスタントランク4エクシーズなど幅広い仕事が出来る。
特に、手札に手頃なレベル4モンスターが存在しない時にレベル3のマスマティシャンをレベル4モンスターに変換出来る点、グローアップ・バルブやジェット・シンクロンを落としてのハストールS召喚の流れはとても便利。

《終末の騎士》
デッキに眠る闇属性モンスターを墓地に落とせる優秀なモンスター。
マスマティシャンとは違い、ディアボリックガイやステゴサイバーを落とせる点が魅力。
特殊召喚にも対応している点が素晴らしい。

《H・C サウザンド・ブレード》
増援よりも先に終末の騎士を引いた場合のサーチ先、ゼピュロスとのコンボ、相手の攻撃牽制が主な役割。
地属性なので若干かみ合わせは悪いが、それを補って余る仕事をこなしてくれる。

《召喚僧サモンプリースト》
手札の適当な魔法カードを使ってレベル4をサーチしてくれる。
貴重な手札マジックを消費する点、デッキ内のレベル4モンスターが尽きた後で来ると役に立たなくなる点がネック。
サウザンド・ブレードやゼピュロスを特殊召喚して墓地にたたき落とすのが役目。時には終末を使って墓地にディアボリックガイやステゴサイバーを落とすことも可能なので仕事の内容自体は重要。

《SRメンコート》
手札誘発ディフェンダー。レベル4って所がミソ。
ランク4エクシーズやレベル5以上のシンクロに繋げられる点が魅力。
バードマンやゼピュロスで使い回せる点も優秀。

《マスマティシャン》
デッキからレベル4以下のモンスターを墓地へたたき落とせる素晴らしいカード。
デッキに眠る様々な自己蘇生可能な下級モンスターを墓地に送って柔軟な動きが出来る。
戦闘破壊時の1ドローを嫌って除去を打たれる事もあるので、余裕があれば場に残して次への布石にも出来る。

《工作列車シグナル・レッド》
手札誘発ディフェンダーその2。展開しながらモンスターを戦闘破壊から護れる点が魅力。
特殊召喚されたステゴサイバーを追撃で戦闘破壊しようとした相手の計算を狂わせることが出来る。
メンコートと同じくバードマンやゼピュロスで使い回せる点も優秀。

《奇術王 ムーン・スター》
チューナーが居れば特殊召喚できる効果、特殊召喚時にレベルを変化させる能力が魅力。
自身は闇属性シンクロの素材にしか使えない点や、効果を使用した後はシンクロ召喚しかできなくなる効果がネックなのでその辺の誓約とどう付き合っていくかが今後の課題になりそうだ。
墓地にステゴサイバーorディアボリックガイがあれば、スペアジェネクスNSムーン・スターSSからクロキシアンに繋げられる点に可能性を感じている。

■チューナー(7)
《A・ジェネクス・バードマン》
言わずと知れた汎用性の高いジェネクスチューナー。
シグナル・レッドやメンコート、マスマティシャンに終末の騎士の回収も出来、特にディアボリックガイ未使用であれば終末の騎士とこのカードがあるだけでクロキシアンが出せる点は大きな魅力となる。

《スペア・ジェネクス》*2
ジェネクスチューナーその2。コントローラーが入手できず、長らくジェネクスデッキのメインチューナーとしてお世話になっていた過去から思い入れの強いカード。というだけでなく、わざわざスペアを使うのにも理由がある。
その理由というのはブラック・ガーデンの蘇生対象だという点。墓地にディアボリックガイ(状態問わず)、もしくはディアボリックガイ(効果未使用)&スペアジェネクスが墓地に揃っている状況などで、ブラック・ガーデンがあれば簡単にクロキシアンへと繋げることが出来る点がとても魅力的なのだ。
コントローラーやリモートでは出来ない芸当である。

《ゾンビキャリア》
2枚目のディアボリックガイが手札に来てしまった場合のリカバリーが主な役割。
手札コストドローロックが痛いため、あまり優先的に墓地へは送られないのが現状だが、いざというとき居てもらわないと非常に困るピンチヒッター。レベル8シンクロの素材としてもっとも現実的なカードでもあるので役割はかなり重要。

《ジェット・シンクロン》
手札に来た1枚目のディアボリックガイを捨ててからのレベル7シンクロ、はたまた手札で腐ったステゴサイバーやその他墓地で発動する面々をたたき落とす為のトリガーカード。潤滑油になるチューナーとして大活躍である。
手札の状況によってはバルブよりも優先して墓地へ送られるカード。

《グローアップ・バルブ》
ほぼ無条件で墓地から蘇生出来る超優秀なチューナー。ただしデッキからカードを墓地へ送るので計算外のアクシデントもしばしば。特に2枚目のディアボリックガイが落ちたときは目も当てられない。
地味にタイミングで気を遣うカード。マスマティシャンとの組み合わせが強力。

《ミラー・リゾネーター》
切り返しに便利なチューナー。特に手札・墓地のどちらからも効果の発動が可能な点が優秀。
さらにはレベルコピー能力でシンクロ召喚の幅も想像以上に広くなっているので使い勝手は良い。
ただし、相手がエクストラをあまり使わないデッキだった場合かなり辛い目に遭うので過信は出来ない。
このデッキ自体がエクストラデッキに頼り切ったデッキなので、引いてきても使えないタイミングが多いのは確か。
そんなときは大抵手札コストとしての仕事が回ってくる。


■魔法(12)
《ワン・フォー・ワン》
手札コストはあるが、デッキからジェット・シンクロンやバルブ、ミラー・リゾネーターなどのチューナーに2度の仕事機会を与えられる。手札コストも墓地でも働くカードを捨てればさほど気にもならない。

《ハーピィの羽根帚》
説明不要の強力な魔法・罠除去。

《増援》
サーチ対象は終末の騎士、サウザンド・ブレードのみだが有る無しでは大きく違う。

《ブラック・ホール》
強力なリセットカード。ピンチの時の切り返しには重宝する。

《死者蘇生》
強力な蘇生魔法。状況によって色々な使い方が出来る。
特にシンクロデッキでは痒いところに手が届く状況が多いので入れない理由が思い付かない。

《精神操作》
レベル1チューナーが多く、シンクロ素材としてもレベル7以下なら大体利用できるので役に立たない状況が少ない。
システムモンスターを除去しやすいのも大きな魅力。

《シャッフル・リボーン》
状況は選ぶが使いやすい蘇生カード。
墓地除外からの効果はあまり使わないが、ハストールとのコンボがかなり強力なのでお気に入りの1枚。

《禁じられた聖槍》
戦闘でのカウンター、奈落・激流葬などの罠回避といった色々細かいところでしっかり仕事してくれる優秀なカード。
たまにセットし忘れて後悔することも(

《ツインツイスター》
手札を捨てつつ2枚破壊できる。1度にサイクロンを2発打つ感覚で使うと良い感じ。
墓地発動のモンスターを捨てれば美味しい。

《D・D・R》
除外されたステゴサイバーの使い回しや使用後に除外されたチューナーを使い回せる。
基本的に序盤は全く役に立たないので中盤以降に来て欲しいカード。

《ブラック・ガーデン》
主にスペアジェネクス、ディアボリックガイ、サモンプリーストの専用蘇生魔法。
状況によってゼピュロスや月華竜も蘇生可能。
墓地にそれらのカードがない場合は、攻撃力操作で相手の動きを牽制する役目も兼ねる。
手札が事故ってもこれがあればある程度の耐久が可能な点が嬉しい。
フレシアの蠱惑魔などの植物族を出されると一気に使いづらくなる点を忘れてはならない。


■罠(7)
《サンダー・ブレイク》
手札を捨てつつカードを1枚破壊できる。
モンスターだろうが魔法・罠だろうが破壊できる点が魅力。
手札コストは墓地発動のカードを捨てられればベスト。

《王魂調和》
攻撃を無力化しつつ墓地から素材を除外してシンクロできる。
月華竜辺りが呼べたら面白いかも知れない。
ただ、面白そうな効果なので入れてみたモノの墓地から除外されても痛くないチューナーは仕事の終わったバルブ、バードマン、スペアジェネクス(2枚目)くらいなものなので若干使いづらそうな気もする。
単純にこのデッキだとリジェクト・リボーンの方が強い気がしないでもない。

《リジェクト・リボーン》
初期手札のカードで大抵1度はシンクロ召喚を決められるので、バウンスを多用されでもしない限り蘇生効果の発動条件を満たす事は難しくない。
ノートゥングとスペアが蘇生出来れば返しのターンに逆襲のクロキシアンで反撃も可能。
バトルフェイズの強制終了も優秀。蘇生効果が任意なので最悪延命だけでも出来る点からも使いやすい。

《ブレイクスルー・スキル》
2度使えるモンスター効果無効。
厄介なシステムモンスターを無力化出来るのでピン差しでもかなり使い勝手が良い。

《強制脱出装置》
言わずと知れた強力のフリーチェーン除去罠。
エクストラモンスターをバウンス出来ればかなり美味しい。

《神の警告》
無効範囲の広い優秀なカウンター罠。
ライフコスト的には神の通告に差し替えたいがお高いのでこちらに。

《神の宣告》
とりあえずつっこんでおけば役にたつカウンター罠。
ライフコスト半分はこのデッキにとっては結構大きいので可能な限り後半に使いたいカード。


■エクストラ(15)
《氷結界の龍 トリシューラ》
言わずと知れた強力シンクロモンスター。
レベル1チューナー多めの構成からも狙いやすい。

《レアル・ジェネクス・クロキシアン》*2
このデッキのコンセプトである魂のカード。切り札。
敵の攻撃を耐えてからこいつで反撃しようと考えていたらこうなっていた。
カードさえ揃えば簡単に呼べるので相手の意表も突きやすい。
エクシーズモンスター相手には無力なのがネック。

《レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト》
単純に強力な全体除去。ついでのような高打点。
切り返しのワイルドカードでありフィニッシャー。

《PSYフレームロード・Ω》
相手を攪乱しながらこのデッキの回転を助けるエンジンにもなるこのデッキのトリックスター。
自身がフィールドから消えようと除外されたステゴサイバーを墓地へ戻していけばプレイヤーへのダメージも気にしないで済むなどこのデッキとはとことん相性が良い。
打点も高く、ピーピングもこなし、場持ちがよくて破壊されてもデッキに帰っていく。
除外されたディアボリックガイを墓地に戻しておけば破壊された後でディアボリックガイを使い回せる点が特に素晴らしい。

《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》
困ったときのレベル7シンクロ枠。
とりあえず出しておけば相手の上級モンスターは動きがかなり制限されることになるので相手は怯むだろう。
打点もそこそこ高いので使い勝手が良い。

《月華竜 ブラック・ローズ》
除去のしづらい耐性持ちカードを排除するのが役割。
ターンに1度な上に強制発動なので過信は出来ないが、いざという時にはフィニッシャーにもなりうる。
ブラック・ガーデンで蘇生したときにも効果が発動できる点も魅力。

《BF-星影のノートゥング》
最高3200打点まで討ち取れる優秀なアタッカー。
地味にバーン効果がトドメのトリガーになったりもする。
このデッキでは更にシンクロしてクロキシアンにもなれる為可能性に溢れるカード。

《A・O・J カタストル》
強力な闇以外絶対殺すマン。
ジェネクスとなじみ深いA・O・Jである点や、ムーン・スターからのシンクロ先候補としても使い勝手が良い。

《HSRチャンバライダー》
打点を上げつつ2回攻撃出来るスーパーアタッカー。
序盤で場を制圧できればそのまま2回攻撃で相手のライフを大きく削ることの出来る。

《古神ハストール》
発狂させて寝取る優秀なレベル4シンクロ。
そのまま墓地へ送っても相手モンスターを拘束できる為非常に優秀。
シャッフル・リボーンと組み合わせればこのカードを回収しつつ1ドローしつつ相手モンスターのコントロールを奪うことが出来るなど、非常に強力な動きが出来る(エンドフェイズに手札1枚除外されるが)。
これで2300打点もあり文句なしの性能。個人的に好きなカード。

《No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ》
エクシーズデッキ相手の場合はクロキシアンよりもこちらが大活躍。
トレミスは出した瞬間に奈落・強制脱出などですぐに消える事が多くこちらに変更。
出てきた瞬間に相手モンスターを全て無力化してくれる上に3000打点がかなり強力。
自己蘇生したステゴサイバーを素材にした場合、除外されることなく墓地へ帰っていくのでかなり嫌らしい動きができる。

《No.101 S・H・Ark Knight》
破壊耐性を持った厄介なモンスターの除去要員。
自身も破壊耐性を持っているため場持ちも良い点が評価できる。

《励輝士 ヴェルズビュート》
強力な切り返しカード。
手札・フィールドにカードは最低限、墓地トリガーが多いため自然に手札とフィールドの合計枚数が少なくなりがちなため、呼べば大体効果の発動タイミングは満たされている。

《ラヴァルヴァル・チェイン》
困ったときのチェイン。初手でランク4が呼べる場合やメイン2にデッキを圧縮できる。
とりあえず墓地にバルブやサウザンドブレード、ステゴサイバーやディアボリックガイを落としておけば困らないだろう。
特にダメージトリガーの墓地発動効果を持つモンスターは相手の攻撃を誘いつつも牽制できるため好相性だと思われる。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mimaih3318.blog114.fc2.com/tb.php/128-fd465ed5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top